中耳炎の予防

中耳炎とは、耳の中で起きる炎症のことです。
症状は耳が痛くなったり、耳だれが出たりします。
この他にも、発熱が出ることがあります。
中耳炎は耳の病気ですが、場合によっては体調を崩してしまいます。
子供から大人までかかることがあるため、特に小さい子供は泣くことが多くなることがあるなど普段とは違う様子を見せます。
自分の症状を詳しく言えないため、泣いて訴えるしかありません。
それに早く気が付いて、病院に連れて行くことが治りを早くします。

風邪が原因で中耳炎になってしまうことがあります。
鼻水の細菌が耳に入って、炎症を起こしてしまいます。
そのため、鼻水が出たらすぐにかむことが中耳炎の予防に繋がります。
風邪も治らないときに中耳炎にもなってしまったら、余計に辛くなります。
大人でも辛いのに、小さな子供はもっと辛いです。
中耳炎にならないために、鼻水をこまめにかませてあげましょう。
いつもよりも子供の傍に居て、様子をよく見る必要があります。

そもそも、風邪を引かないことが1番の予防になります。
この予防は、大人の方が難しいかもしれません。
仕事が忙しいと、風邪を引いてもゆっくり体を休めることができない場合があります。
そうすると、どんどん悪化してしまいます。
気が付いたら、中耳炎になっていることが多いです。
そうなってしまったら、さらに仕事を休まなければいけなくなるため、早めに体を休めることが大切です。
風邪のときは、第一に体のことを考えましょう。



▽特集
場合によっては体調を崩してしまう耳鳴りに効く漢方薬です ・・・ 耳鳴り

Copyright © 2014 中耳炎を予防しよう All Rights Reserved.